2012年3月25日日曜日

Topping中華デジタルアンプ取り付け



未だにカセット式のロゴのカーステを載せ替えることにした。
iPhoneで鳴らすのでただのアンプでいい。
そこで目をつけたのが安くて音がいいと評判の中国製デジタルアンプ Topping。
TP20-Mark2を5980円で買った。
値段の割にしっかりした作りで決して安っぽくない外観だ。




まずは純正のカーステを取り外す。
パネルを外して、本体を固定している前面と灰皿の下のネジを外す。




カーステの配線コネクター。
これに電源、スピーカーなどの配線が含まれるので再利用する。
ALPINE のサイトで配線を確認した。

電源 黄色/赤
アース 黒
スピーカー右+ 赤/緑
スピーカー右− 茶/黒
スピーカー左+ 青
スピーカー左− 灰/黒




ENDY 1DINポケットにデジタルアンプを組み込んだ。
1DINポケットとは空いたカーステのスペースを小物入れとして使うための箱。
ちょうどいいサイズなのでデジタルアンプの組み込み用に利用した。
底を切り抜いてデジタルアンプのコネクターが出るようにした。




 空いたスペースにスマホフォルダーも追加。




純正カーステのスペースにデジタルアンプを取り付けたところ。
これでロゴのカーステが最新のデジタルオーディオに変わりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿