2012年4月30日月曜日

ボールジョイントブーツ交換・助手席側

ネットで注文したタイロッドエンドセパレーターが届いたので、亀裂の入ったボールジョイントブーツを交換することにした。
が、ボールジョイントのボルトとドライブシャフトの間がせまくてタイロッドエンドセパレーターが差し込めない。
しかたがないので金ノコで先端部分を切った。







ボールジョイントのボルトの割ピンをペンチで抜き取り、ナットをボルトの頭とおなじ高さになるまで緩める。
タイロッドエンドセパレーターをロアアームとボールジョイントのボルトの頭の間に差し込み、タイロッドエンドセパレーターのボルトをねじ込む。




バン!という大きな音とともにボールジョイントが外れた。





マイナスドライバーで固着したブーツを丁寧に剥ぎ取る。
右が取り外したブーツ、左が新品の大野ゴム製のブーツ。




古いグリスを拭き取り、新しいグリスを塗りブーツをはめ込む。


後は逆の手順で組み立てればいいはずなんだけど、ボールジョイントのボルトがくるくる空回りしてナットが締め付けられない。どうやらボールジョイントが完全にはまり込んでいないようだ。
ナットを仮止めのままいったんタイヤを付けて車重をかけて再びジャッキアップしたら、外れる時とおなじくバン!という大きな音とともにはまった。
でもまだボールジョイントが空回りしてナットを本締めできない。
ジャッキアップしたままもうひとつのパンタジャッキでロアアームを下からジャッキで持ち上げたら締め付けることができた。ステンレス製の割ピンをナットに取り付けた 。

もう日も傾いてきたので、運転席側は次回にしよう。





0 件のコメント:

コメントを投稿